年齢や立場を超えた2つの注意点

一般的に、女優オーディションを申し込む場合には年齢や立場は関係ありません。
実際に、全くの未経験者であっても審査や面接を受けることが可能です。
しかし、注意をしておかなくてはならないポイントも2つ存在します。
まず、目的をはっきりとさせておくという点です。
女優オーディションでは、様々な人が面接にやってきますのでその中でも自分の存在をアピールしなくてはいけません。
10代からでも審査を受けることはできますし、シニア世代まで対応していること普通ですが何故その年代で申し込みをしたいのかを明確にしておく必要があります。
また、一般的な常識をきちんと持っているかも大切です。
女優オーディションでは服装などは自由で構わないのですが、当然その人物の人格や性質をかなり入念に見ていきます。
その人物の性格や性質を把握して、本当に伸びしろが存在するかどうかを確認することが重要なので、何をしても良いわけではないという点に注意が必要です。

自己PRと個性の重要性

女優オーディションでは、その人物の個性を把握するために自己PRをしていくことが最も重要です。
審査を受けて合格をしたあとに様々な指導を行っていくことになりますので、実はその時点の女優としてのレベルはほとんど関係ないということに注意点です。
実際に、女優としての練度で現時点で負けていても合格した人は数多くいます。
この違いが、女優オーディションではきちんと自己PRをして個性を見せることができたかどうかという点です。
これは、演技だけを見ていくわけではありません。
女優オーディションの中で見られる様々な挙動や言動などを含めて、その人物の個性を見ていくことになります。
例えば、自分自身をアピールするためとはいえ服装上であまりにも常識から外れているときには審査に落とされることもあります。
自己PRは、完璧に自分を表現するためのものではなくアピールの仕方がわからなくてもその人物の性質がわかるものなので、この点を理解しておくことです。

まとめ

女優オーディションでは、最低限のルールや清潔感、そして常識を守って挑むことが重要です。
その中で、存分に自己PRをしなくてはいけません。
重要なのが、自己PRだからといってアピール方法に慣れている必要はないという点です。
演技経験が全くなかったとしても、その人物の伸びしろを確認することで原石を見つけていきます。
年齢や環境も問わず、10代からシニアまで受けられますので拙くても良いので個性を表現できるようにしておくことです。